アーカイブ
カテゴリー

施設の点検

煙突越しに燃えてる様子

防火対象物とは、多くの方が使用なさるビルやデパート、大きな工場などの事を言います。
こういった大型の施設では、常に多くの人びとが利用しています。
そのような場合、ひとたび事故が起こればたくさんの犠牲者を生んでしまうのです。
そのため、こういった施設では犠牲を減らすために、普通の建物よりも厳しい基準での防火管理を求められます。
どれだけの基準を有した防火管理を行うか、現在では消防法によって厳しく定められています。
これをないがしろにすると、法的な罰則が下されてしまうため、ビルの管理者はかならず防火設備の設置と管理を行わなければなりません。

防火対象物点検を行うには、必ず資格をもった方に調査をしていただく必要があります。
点検資格者は、様々なポイントに注意して点検をおこないます。
点検を行い、無事に基準を満たしていれば、その旨を消防機関へ通達していただけます。
ビル管理を徹底する時は、かならず防火対象物点検の資格者に依頼し、チェックを行ってもらいましょう。

コメントは受け付けていません。